検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

JMTR炉心管理システムの高度化に関する検討; SRAC2006コードシステムの適用性

Improvement of JMTR core management system; Applicability of SRAC2006 code system to JMTR core management system

五来 滋; 那珂 通裕; 出雲 寛互; 長尾 美春; 河村 弘

Gorai, Shigeru; Naka, Michihiro; Izumo, Hironobu; Nagao, Yoshiharu; Kawamura, Hiroshi

現在停止中であるJMTRに関して、2011(平成23)年度の再稼動に向けたさまざまな検討が進められている。この中ではJMTRにおいて運転計画書作成等の核計算に使用されてきた炉心管理システムの高度化の検討も行われている。JMTRにおける炉心管理システムは大型汎用計算機上で稼動しているSRACコードシステムを利用しているが、UNIX上で稼動する最新のSRAC2006コードシステム等に移行することによって機能拡張等が期待できる。今回は運転計画書作成の際に行われる核計算をSRAC2006コードシステムを使用して実施することによって、その適用性及び有効性の評価を行った。

Various projects for improvement of JMTR are being carried out with the aim to re-start in FY2011. In the projects, it is planned to improve the JMTR core management system to execute neutronic calculations. The JMTR core management system is based on SRAC code system on mainframe, it is expected to improve the JMTR core management system by means of conversion from SRAC code system to the newest SRAC2006 code system on UNIX. Therefore neutronic calculations for JMTR using SRAC2006 code system were executed in order to estimate applicability and effectiveness of SARC2006 code system to the JMTR core management system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.