検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

四重極型質量分析計を用いた高汎用性地下水溶存ガス連続観測装置

The GROund Water Data Analyzing System (GROWDAS) of wide applicability utilizing quadrapole mass spectrometer for monitoring the dissolved gas

島田 耕史  ; 田中 秀実*; 廣川 智隆*; 齊藤 友比古*; 角森 史昭*

Shimada, Koji; Tanaka, Hidemi*; Hirokawa, Tomotaka*; Saito, Tomohiko*; Tsunomori, Fumiaki*

断層は、地下からの物質移行経路であり、地震・断層活動に伴う断層帯の化学環境変化やその影響範囲を検討するうえで重要である。地下水に溶けて、断層を通過して地表に運ばれた地下深部起源ガスを連続観測するための高汎用性装置開発として、飛騨市宮川町の跡津川断層破砕帯中の地下水溶存ガスの連続観測を、市販の四重極型質量分析計を用い、試料採取・水蒸気除去・導入・測定までの装置の自動化を進めてきた。その結果、約100km離れた大地震(2007年能登半島地震)に同期する希ガス濃度比変動が捉えられるなどの、物質移行経路としての役割が検討可能になってきた。平成19年度のコールドトラップの改造により、地下水起源の水蒸気の影響を大気導入時の影響以下に抑えることに成功した。本装置は、揚水量やガス導入圧を自由に調節できるので、断層帯通過流体研究をさまざまな地域で進めるうえで有効と考えられる。発表では、装置の概要を、得られたデータとともに紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.