検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高レベル放射性廃棄物地層処分における性能評価パラメータの安全裕度評価方法の例示

Assessment approach for a safety margin of parameters on the high-level radioactive waste disposal

江橋 健; 小尾 繁*; 大井 貴夫

Ebashi, Takeshi; Koo, Shigeru*; Oi, Takao

高レベル放射性廃棄物の地層処分システムの頑健性を提示するための重要な対策の一つとしては、設計においてあらかじめ適切に安全裕度を見込んだパラメータの設定を行うことが考えられる。このため、このような安全裕度の評価においては、「それぞれのシナリオに対する適切な条件設定に基づいて、保守的な値を考慮した解析結果や感度解析結果から、線量目安値を満足するパラメータの値あるいは範囲、すなわち、裕度を見積もること」が求められる。本論文においては、包括的感度解析手法を高レベル放射性廃棄物の性能評価に適用し、性能評価パラメータの安全裕度を評価するための考え方について提案する。提案に際しては、工学的な対策により性能の高度化を見込める可能性があるパラメータ(ガラス固化体溶出率,オーバーパックの破損時期,緩衝材の厚さ)に着目し、天然バリアをきわめて保守的に設定した条件下における性能評価パラメータの安全裕度の評価を例示した。このような考え方に基づいて抽出される情報は、頑健なバリアの構築やシナリオ解析に資するものと考える。

In order to demonstrate the robustness of the design of a high-level waste (HLW) disposal system, an important measure is to preliminarily set parameter values, which take into account safety margins for an acceptable dose. In evaluating the safety margin, it is necessary to estimate a range of parameters for an acceptable dose by a sensitivity analysis based on the appropriate conditions for each scenario. In this study, the comprehensive sensitivity analysis method was applied to performance assessment of a HLW disposal system. This paper presents the approach to assess a safety margin for parameters. As a result, safety margins for the parameters of the engineered barrier system (glass dissolution rate, overpack failure time, buffer thickness) were illustrated under conservative conditions of the natural barrier. Such an approach will provide useful information for scenario analysis and offer insights into the design and construction of a robust system for HLW disposal concept.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.