検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ITBLクライアントAPIを用いた原子力材料シミュレーション実行環境構築

Building a computing environment for nuclear material engineering using ITBL

辻田 祐一*; 有馬 立身*; 出光 一哉*; 鈴木 喜雄  ; 木村 英雄

Tsujita, Yuichi*; Arima, Tatsumi*; Idemitsu, Kazuya*; Suzuki, Yoshio; Kimura, Hideo

Pu含有核燃料を中心とした核燃料再利用の取り組みが盛んに行われている。この中で、われわれは分子動力学法により燃料の材料特性の研究を進めている。計算目的により、計算対象の物理系の規模を大きくしたり、多くの計算タイムステップ数を要するため、並列処理を取り入れ、ITBLが提供する計算環境により計算機シミュレーションを行っている。シミュレーションに用いるプログラムへのさまざまな計算パラメタ設定を容易に行うことや、利用者端末上で動作する可視化プログラムを引続き利用したいという利用者からの強い要望に応えるため、今回、ITBLが提供するクライアントAPIを用い、利用者端末上で動作するGUIを用いた計算支援環境の構築を行った。本稿では、本計算支援環境構築の目的,実装方法、並びに実行環境の事例紹介を行い、最後に今後の方向性について述べる。

Recently, many research works for Pu-recycle have been done. We proposed a molecular dynamics method to have deep understandings in nuclear materials. We adopted a parallel computing technique by using an ITBL's computing environment in our simulation program because a huge amount of computations and time steps is required. We received a request from application users to incorporate a user friendly interface in a computing environment for specifying parameters in a simulation program and successive operations of parallel computation and visualization on a user's terminal. So, we have built a GUI computing environment to realize such the functionalities by using an ITBL's client API. In this paper, we report objectives of this development, implementation method of this application, and examples of the computing environment. Finally, we mention its future plan.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.