検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Attila validation with fusion benchmark experiments at JAEA/FNS

JAEA/FNSでの核融合ベンチマーク実験によるAttilaコードの妥当性検証

今野 力; 佐藤 聡; 落合 謙太郎; 和田 政行*; 大西 世紀; 高倉 耕祐; 飯田 浩正

Konno, Chikara; Sato, Satoshi; Ochiai, Kentaro; Wada, Masayuki*; Onishi, Seiki; Takakura, Kosuke; Iida, Hiromasa

トランスパイア社の3次元SnコードAttilaは形状入力としてCADデータを直接使用することができ、複雑形状の構造でも取扱いが容易である。ITER機構は、核解析の標準コードの一つとしてAttilaコードを採用する計画をもっている。しかし、Attilaコードを用いた計算の妥当性検証はこれまで詳細には行われていない。そこで、原子力機構FNSで実施したDT中性子を用いたバルク実験,ストリーミング実験の解析を通して、Attilaコードの妥当性検証を行った。比較のために、他のSnコードDOORS、及びモンテカルロコードMCNPを用いた解析も行った。その結果、バルク実験に関しては、適切な多群ライブラリを用いることにより、Attilaコードを用いた解析は多くの計算時間,メモリが必要となるものの、DOORSを用いた解析とよく一致した。ストリーミング実験に関しても、DOORS同様、バイアス角度分点,最終衝突線源法等の適切な近似を行えば、MCNPとほぼ同程度の計算結果を得ることができることがわかった。

The three-dimensional Sn code Attila of Transpire, Inc. can use CAD data as a geometrical input directly and deal with assemblies of complicated geometry without much effort. ITER organization has a plan to adopt this code as one of the standard codes for nuclear analyses. However validation of calculations with this code is not carried out in detail so far. Thus we validate this code through analyses of some bulk experiments and streaming experiments with DT neutrons at JAEA/FNS. Analyses with the Sn code system DOORS and Monte Carlo code MCNP4C were also carried out for comparison. Agreement between Attila and DOORS calculations is very good for the bulk experiments. For streaming experiments Attila requires special treatments (biased angular quadrature sets or last collided source calculation) as well as DOORS in order to obtain similar results as those with MCNP, though Attila consumes much more time and memory than DOORS.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.