検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

タンデム加速器高電圧端子内におけるビーム通過率の改善のための再アライメント及び電荷分析電磁石コイルの更新

Improvement the transmission of ion beams and replacement of charge analysis electromagnet coil at tandem accelerator

石崎 暢洋; 松田 誠; 花島 進; 中村 暢彦; 沓掛 健一; 乙川 義憲; 遊津 拓洋

Ishizaki, Nobuhiro; Matsuda, Makoto; Hanashima, Susumu; Nakamura, Masahiko; Kutsukake, Kenichi; Otokawa, Yoshinori; Asozu, Takuhiro

原子力科学研究所東海タンデム加速器は折り返し型であるため、高電圧端子のビームライン上には、イオン源から入射された各種イオンビームを電荷分析電磁石により180度偏向し、高エネルギー側の加速管へ導くためのビームライン光学機器が設置されている。タンデム加速器は運転開始より25年間順調に運転してきているが、2007年の定期整備時に高経年化対策として電荷分析電磁石のコイルを更新した。その際、電磁石本体とその前後に設置されているビームライン光学機器の位置を正確に測定し、基準ビーム軸に対する位置ずれを統括的に補正するアライメントを計画し実施した。測定の結果、最大で約5mmの位置ずれの機器があることがわかった。これらを基準となるビーム軸上に再アライメントしたところビーム通過率を大きく向上させることができ、その結果、安定に加速できるイオンビーム電流を増やすことができた。

The JAEA-Tokai folding-type tandem accelerator has been operated for 25 years. There are many optical devices at the terminal, such as a 180-degeree bending magnet (charge-analysis electromagnet) and electrostatic quadrupole lens, used for transporting ion beams from low-energy accelerating tubes to high-energy accelerating tubes. We have replaced the aged coil inside the 180-degeree bending magnet for a maintenance period of 2007. At this time, we have carried out the project to align the whole optical devices at the terminal. Precise measurement of the positions for these devices revealed that they were misaligned by 5 mm at the maximum deviation. By aligning these devices with the standard beam axis, we have improved the transmission of ion beams and increased beam currents with stable operation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.