検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

IFMIF/EVEDAターゲット系開発の現状

Status of IFMIF target system development

中村 博雄; 井田 瑞穂; 宮下 誠; 吉田 英一; 荒 邦章; 西谷 健夫; 奥村 義和; 堀池 寛*; 近藤 浩夫*; 寺井 隆幸*; 鈴木 晶大*; 八木 重郎*; 深田 智*; 久木田 豊*; 古谷 一幸*; Garin, P.*; 杉本 昌義; Agostini, P.*; Miccich$`e$, G.*

Nakamura, Hiroo; Ida, Mizuho; Miyashita, Makoto; Yoshida, Eiichi; Ara, Kuniaki; Nishitani, Takeo; Okumura, Yoshikazu; Horiike, Hiroshi*; Kondo, Hiroo*; Terai, Takayuki*; Suzuki, Akihiro*; Yagi, Juro*; Fukada, Satoshi*; Kukita, Yutaka*; Furuya, Kazuyuki*; Garin, P.*; Sugimoto, Masayoshi; Agostini, P.*; Miccich$`e$, G.*

幅広いアプローチのもとで国際核融合材料照射施設/工学実証工学設計活動(IFMIF/EVEDA)の液体リチウム(Li)ターゲット系タスクを、日欧の国際分担及び大学等との国内連携協力で、2007年より2013年までの計画で実施中である。Liターゲット系は、ターゲットアセンブリ,Li主ループ及びLi純化系から構成されている。Liターゲットの設計要求は、重水素ビーム入射による平均1GW/m$$^{2}$$の超高熱負荷除熱のため、最大流速20m/sで長時間安定なLi流を実現することである。そのため、EVEDA Li試験ループ,計測系,純化系,腐食損耗,遠隔操作,リチウム安全取扱い等の工学実証タスク及び工学設計タスクを実施し、最終設計報告書に取りまとめ建設に備える。本報告では、日本の活動を中心に、ターゲット系開発の現状を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.