検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Shielding design of spacecrafts using PHITS

PHITSを用いた宇宙機遮へい設計

佐藤 達彦  ; Sihver, L.*; Gustafsson, K.*; Mancusi, D.*; 仁井田 浩二*

Sato, Tatsuhiko; Sihver, L.*; Gustafsson, K.*; Mancusi, D.*; Niita, Koji*

宇宙線に対する宇宙機の遮へい設計のためには、高エネルギー放射線、特に重イオンの物質内での挙動を的確に模擬可能な放射線輸送計算コードが必要となる。そこで、われわれは、3次元放射線輸送計算コードPHITSを用いた宇宙機遮へい設計の可能性について検討している。本発表では、PHITSの電荷変換核反応断面積及び宇宙機内中性子スペクトルの計算精度検証結果について報告する。本研究により、従来、宇宙分野で一般的に用いられてきた1次元放射線輸送計算コードに比べ3次元コードのPHITSが、より適切な計算結果を与えることが明らかになった。

Accurate particle and heavy ion transport codes are required for estimating the radiation risk for personnel and electronic equipment on spacecrafts, as well as estimating the effects of different shielding materials. We are therefore developing and benchmarking a general purpose Monte Carlo code PHITS, which can deal with the transports of all kinds of hadrons and heavy ions with energies up to 200 GeV/n.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.