検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

量子ビームによる鉄鋼試料表面の非破壊深さ方向分析

Non-destructive depth profiling of steel surface by quantum beam

山本 博之; 山田 洋一; 松江 秀明; 曽山 和彦; 江坂 文孝; 笹瀬 雅人*

Yamamoto, Hiroyuki; Yamada, Yoichi; Matsue, Hideaki; Soyama, Kazuhiko; Esaka, Fumitaka; Sasase, Masato*

一般に材料分析において迅速,簡易な分析手法が望まれることは当然であるが、表面分析などの局所分析においてはこれとともに、「非破壊」であることも重要なキーワードの一つとなり得る。これは単に破壊法では対象となる試料が失われる、ということだけではなく、破壊によって本来その物質の持つ情報、例えば化学結合などの分析の対象となる情報が失われるということでもある。このため物質をありのままに解析しようとすれば「非破壊」で行うことは必須であるともいえる。特に表面などの極限領域においては大気をはじめ周囲の環境による影響を非常に受けやすく、表面からバルク方向への組成,化学状態,構造等の変化、いわゆる深さプロファイル測定においては非破壊測定であることが新たな情報を見いだす鍵となることがしばしばある。本講演では、特に放射光,中性子という二つの「量子ビーム」を用いて鉄鋼はじめ無機材料表面の深さプロファイリングを非破壊で行った例を紹介する。

Non-destructive depth profiling of steel surface by quantum beam has been introduced. Hard X-ray photoelectron spectroscopy using synchrotron radiation and neutron depth profiling using reactor have been applied for surface analysis.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.