検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

$$^{237}$$Npの高速中性子捕獲断面積測定

Measurement of neutron capture cross section of $$^{237}$$Np for fast neutrons

原田 秀郎  ; 中村 詔司; 初川 雄一; 藤 暢輔  ; 木村 敦; 石渡 祐樹*; 安見 厚志*; 間渕 幸雄*; 仲川 勉*; 岡 芳明*

Harada, Hideo; Nakamura, Shoji; Hatsukawa, Yuichi; Toh, Yosuke; Kimura, Atsushi; Ishiwatari, Yuki*; Yasumi, Atsushi*; Mabuchi, Yukio*; Nakagawa, Tsutomu*; Oka, Yoshiaki*

弥生炉の高速中性子場で$$^{237}$$Npを照射し、$$^{238}$$Npの生成量をGe検出器で測定することにより、$$^{237}$$Npの高速中性子に対する中性子捕獲反応率を導出した。中性子束のモニターには、Auを用いた。高速炉スペクトルを用いた測定手法の有効性、及び得られた結果と従来の測定値・評価値との比較を議論した。放射化法を適用することにより、微量なサンプル量で放射性核種の高速中性子捕獲反応率が導出可能であることを実証した。測定で得られた反応率は、高速中性子領域での中性子捕獲断面積評価値の検証に役立つことを示した。

Neutron capture cross section of $$^{237}$$Np for fast neutrons has been measured using an activation method. A small amount of $$^{237}$$Np sample was irradiated in the Grazing hole of the Yayoi reactor. The neutron flux at the irradiation point was monitored by Au activation foil. The duduced neutron capture cross section was compared with those in nuclear data libraries JENDL-3.3 and ENDF/B-VII.0.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.