検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

アスファルト固化体等の浸出試験

Leaching test of bituminized waste and waste solidified by epoxy resin

芳中 一行; 高野 祐吾*; 木村 之彦*; 菅谷 篤志; 鬼澤 寿和

Yoshinaka, Kazuyuki; Takano, Yugo*; Kimura, Yukihiko*; Sugaya, Atsushi; Onizawa, Toshikazu

本報告書は、固化体処分時の固化体からの放射性核種や化学種の浸出挙動の調査を行うため、平成15年度から平成18年度にかけて実施した、アスファルト固化体及びプラスチック固化体の浸出試験の結果をまとめて報告するものである。本試験において、以下の知見,データが得られた。(1)アスファルト固化体の浸出試験においては、従来は検出困難であったI-129についてピークを検出し、I-129の浸出挙動にかかわるデータを初めて取得することができた。検出されたピーク面積からI-129の放射能量を評価したところ、約50日間の浸出期間で供試体に含まれるI-129の約40%から100%に相当する量が浸出していることがわかった。また、供試体形状や浸出液の温度などを変えて、異なる条件下で浸出試験を実施し、処分時の評価において考慮すべき硝酸イオン等の化学種の浸出挙動にかかわるデータを取得した。(2)プラスチック固化体の浸出試験においては、TBP等の化学種及びI-129等の放射性核種に着目した浸出試験を実施し、TBP等の浸出挙動にかかわるデータを取得することができた。

This paper is reported that result of leaching tests for bituminized waste and Waste solidified by epoxy resin, done from 2003 to 2006. We've get precious knowledge and data, as follows. (1) In leaching tests for bituminized waste, it has detected iodine-129 peak, considered difficult too low energy $$gamma$$ to detect. We've get data and knowledge of iodine-129 behavior first. Leached radioactivity for 50 days calculated by peak area was equal for about 40% and 100% of including radioactivity in bituminized waste sample. And we've get data of behavior of nitric acid ion and so on, important to study for disposal, in various condition of sample shape or leaching liquid temperature. (2) In leaching test for waste solidified by epoxy resin, we've get data of behavior of TBP, radionuclides and so on.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.