検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「連携重点研究」における「多重即発$$gamma$$線分析研究会」成果報告; 2008年2月19日,東海

Proceedings of the Workshop on Multiple Prompt $$gamma$$-ray Analysis; Tokai, February 19, 2008

海老原 充*; 初川 雄一; 大島 真澄

Ebihara, Mitsuru*; Hatsukawa, Yuichi; Oshima, Masumi

原子力機構と東京大学大学院原子力専攻は協力して「連携重点研究」を実施している。「連携重点研究」は原子力機構と大学の研究者が連携し、さらに民間企業等の研究者の参加を募って、原子力分野にかかわる公募型の共同研究を行うもので、保有する人的資源や先進的研究施設・設備などの物的資源、及び外部資金を効率的に活用することにより、原子力分野における科学技術振興に寄与するものである。本報告書は平成20年2月19日に開催された「連携重点研究」のテーマの1つである「多重$$gamma$$線検出と即発$$gamma$$線分析によるリアルタイム非破壊超微量元素分析法の開発と実試料への応用」の成果報告会についての発表の概要をまとめたものである。

The workshop on "Multiple Prompt $$gamma$$-ray Analysis" was held on February 19, 2008 at Tokai. It is based on a project, "Development of real time, non destructive ultra sensitive elemental analysis using multiple $$gamma$$-ray detections and prompt $$gamma$$-ray analysis and its application to real samples", one of the High Priority Cooperative Research Programs performed by Japan Atomic Energy Agency and the University of Tokyo. This report presents the papers and the materials of 9 presentations in the workshop.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.