検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子数28近傍不安定核のスペクトロスコピック因子と殻進化

Spectroscopic factor of unstable nuclei around N=28 and shell evolution

宇都野 穣; Brown, B. A.*; 大塚 孝治*; 本間 道雄*; 水崎 高浩*

Utsuno, Yutaka; Brown, B. A.*; Otsuka, Takaharu*; Homma, Michio*; Mizusaki, Takahiro*

不安定核における殻構造の変化、いわゆる殻進化、は不安定核構造を理解するうえで非常に重要な研究対象である。テンソル力が殻進化に重要な役割を果たしているという説が有力であるが、中心力の影響を排除した直接的証拠はこれまでなかった。中性子が増えたときの陽子軌道のスピン軌道分離エネルギーを押さえることがテンソル力の影響を抽出するのに重要であるが、高励起状態では一粒子状態が見えにくくなるため、このエネルギーは完全にはわからなかった。われわれはスペクトロスコピック因子に着目し、その重心値が一粒子エネルギーを与えることを利用して中性子数28領域の不安定核の殻ギャップを研究した。その結果、テンソル力を入れた新しい殻模型相互作用では、$$^{48}$$Caからの一陽子ノックアウト反応に関するスペクトルスコピック因子の分布を基底状態から約9MeVの励起状態まで非常に正確に再現することがわかった。一方、テンソル力なしでは強いスペクトルスコピック因子を持つ状態が高い励起エネルギーへシフトし、実験値を再現しない。この結果から、$$^{40}$$Caから$$^{48}$$Caへ変化する際の陽子の殻ギャップの変化、特にd軌道間のスピン軌道分離エネルギーの減少を定量的に再現し、テンソル力が本質的な役割を果たしていることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.