検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Subcellular changes of essential metal shown by in-air micro-PIXE in oral cadmium-exposed mice

経口カドミウム投与マウスにおける必須元素の細胞内変化の大気マイクロPIXE分析

中里 享美*; 長嶺 竹明*; 鈴木 慶二*; 草壁 孝彦*; Moon, H. D.*; 及川 将一*; 酒井 卓郎; 荒川 和夫

Nakazato, Kyomi*; Nagamine, Takeaki*; Suzuki, Keiji*; Kusakabe, Takahiko*; Moon, H. D.*; Oikawa, Masakazu*; Sakai, Takuro; Arakawa, Kazuo

Cd毒性に対する必須金属の役割を明らかにするために、1.5年から2年間で100mg/LのCdを経口投与した4匹のマウスを用い、メタロチオネインによる評価と大気マイクロPIXE法による必須金属元素の細胞内分布の測定を行った。その結果、Cdを曝露したマウスの肝臓と腎臓には亜鉛が著しく集積していることが見いだされた。1.5年間Cdを曝露したマウスの元素分布では大部分のCdが亜鉛と結合しており、亜鉛は経口投与されたCd毒に対する保護に寄与していることが示唆された。

To clarify the relation of essential metals to cadmium (Cd) toxicity, we evaluated metallothionein expression and analyzed the subcellular distribution of essential metals using in-air micro-PIXE. Four mice were dosed orally with 100 mg/L of Cd in drinking water for 1.5 or 2 years. Compared to the control, the Cd-exposed mice markedly accumulated zinc in the liver and renal cortex. Elemental maps showed that a large amount of Cd was spatially combined with zinc in the 1.5y-Cd mouse. The data suggest that zinc may contribute to protect against oral-administrated Cd toxicity.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:32.1

分野:Biochemistry & Molecular Biology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.