検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

緩衝材及び岩石中での核種の拡散データベースの整備

Development of diffusion database of rock and buffer materials

栃木 善克; 舘 幸男

Tochigi, Yoshikatsu; Tachi, Yukio

既存の拡散データベースを基礎として、緩衝材及び岩石中での核種の拡散係数にかかわるデータの活用を容易にするため、データベースの整備を行った。今回のデータベース整備においては、特にデータ評価における推定値の導入,信頼性情報にかかわる記述の導入に重点を置き、さらにベントナイトのデータを対象に加えるためにデータベースの構成や定義の再構築を行い、対象データ範囲の大幅な拡充を実施した。また、更新後のデータベース定義に従い、既存の国内岩石を対象としたデータを文献調査によって拡充・更新するとともに、国産ベントナイトを対象とした文献調査を実施し、データを追加した。その結果、総データ数は、実効拡散係数Deが450件,みかけの拡散係数Daは1,350件となった。また、整備したデータベースの活用例として、乾燥密度や間隙率に対する拡散係数のプロットを例示し、元素・固相・試験環境による影響評価の例を示した。本データベース改良の結果実現した特徴として、拡散係数と関連するパラメータの相関に関する評価範囲の拡大(特に拡散係数の実測値と推定値の分布傾向を測定時の環境条件などと関連させた比較評価など)が挙げられる。

The database for utilizing the data related to the diffusion coefficient of nuclides in the buffer material and rock was improved on the basis of the existing diffusion database. Renewals of database definition include maintenance of database contents, extension of stored data scope, etc. The database was updated with especially emphasis on introduction of estimated value in data evaluation and description concerning reliability of information. Existing data of domestic rock were updated by implementation of the result of literature survey in accordance with the definition of updated database and new data of domestic bentonite. As the result of data addition, total data count of effective diffusion coefficient is about 450 and that of apparent diffusion coefficient is about 1,350. As an example of practical use of the improved database, the example of evaluation for the plot of a diffusion coefficient of dry density or porosity was discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.