検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of integrated safeguards approach for JNC-1 site from the operator's viewpoint

施設者から見たJNC-1サイトにおける統合保障措置の開発

浅野 隆; 藤原 茂雄; 高橋 三郎; 長谷 竹晃; 福原 純一; 小谷 美樹; 木村 隆志; 三浦 靖

Asano, Takashi; Fujiwara, Shigeo; Takahashi, Saburo; Nagatani, Taketeru; Fukuhara, Junichi; Kodani, Yoshiki; Kimura, Takashi; Miura, Yasushi

国際保障措置は、非核兵器保有国である日本にとって、核物質取扱いに対する国際的なコンセンサスを得るための不可欠な対応である。一方で、再処理工場やMOX燃料製造施設を有する核燃料サイクル工学研究所にとっては、保障措置活動により施設運転への影響を最小限とするために、効率的かつ効果的な保障措置アプローチの適用が重要である。核燃料サイクル工学研究所では、これまでに再処理施設及びMOX燃料製造施設にて実施した保障措置技術開発成果(査察官非立会システム,遠隔監視システム,高頻度なMUF評価等)を有効的に活用するとともに、短期通告によるランダム査察という新たな手法を導入することにより、保障措置の効果を損なうことなく効率化を目指すこという目標で統合保障措置アプローチの開発を国及びIAEAと協力して実施した。本件は、核燃料サイクル工学研究所における統合保障措置アプローチの開発にあたり、原子力機構が施設者の観点でどのような協力を行ったか、また、このアプローチが施設者にどのような影響を与えたかについて報告する。

JAEA commenced to consider the integrated safeguards (IS) approach for JNC-1 site as the new concept of safeguards for further reduction of influence of facility operation by the safeguards activity. On the other hand, the board of governors of IAEA led the broader conclusion to Japan on June 2004 and safeguards implementation in Japan was transferred to the IS scheme in September 2004. IAEA aimed to improve efficiency of safeguards implementation for the plutonium handling facility by optimization of use of advanced safeguards systems and new safeguards regime without reduction of effectiveness of safeguards. The IS approach for JNC-1 site was developed and implemented on August 2008 after many discussions among IAEA, Japan Safeguards Office (JSGO) and JAEA. This paper shows contributions by JAEA to development of this approach from the operator's view point and influence to the operator by implementation of IS approach.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.