検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超臨界二酸化炭素中での逆ミセルの生成圧力に及ぼす水滴中の硝酸塩濃度の影響

Effect of nitrate concentration in water pool on pressure of reverse micelle formation in supercritical CO$$_{2}$$

倉橋 健介; 富岡 修; 目黒 義弘; 高橋 邦明

Kurahashi, Kensuke; Tomioka, Osamu; Meguro, Yoshihiro; Takahashi, Kuniaki

逆ミセルを用いた硝酸塩の超臨界二酸化炭素への溶解を検討した。窓付きの耐圧セルに界面活性剤,エントレーナーとしてF-pentanol,硝酸塩を含む水溶液を任意量採り、二酸化炭素を加え圧力を上昇させた。セル内がある一定の圧力を超えると、セル内は一様な相となった。このときの圧力をCloud Point Pressure(CPP)とし、水分量及び塩濃度がCPPに及ぼす影響について調べた。界面活性剤として中性の親水基を持つC$$_{12}$$E$$_{4}$$を用いた。水分量がある一定を超えると、界面活性剤が存在する場合、存在しない場合よりもCPPが低くなった。これはC$$_{12}$$E$$_{4}$$が作る逆ミセルに水が取り込まれるためであると考えられる。一方、硝酸ナトリウムを含む水溶液を加えた場合、純水の場合よりもCPPは大きくなった。このことから、硝酸ナトリウムは超臨界二酸化炭素中で逆ミセルを不安定化させると考えられる。

The solubilization of nitrate solution in supercritical CO$$_{2}$$ by reverse micelle formation was investigated. After placing surfactant, alcohol and nitrate solution into a high-pressure cell, CO$$_{2}$$ was introduced into the cell at high pressure. When the pressure was then raised above the cloud point pressure (CPP), the clear single phase was obtained. It means the nitrate solution was dissolved in supercritical CO$$_{2}$$. The effect of nitrate concentration on the CPP values was discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.