検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延町北進地区及び開進地区における地表部及び浅層ボーリング孔のガス測定

Gas measurements of ground surface part and shallow boreholes in the Hokushin area and the Kaishin area, Horonobe, northern Hokkaido

阿部 寛信; 高橋 一晴*; 藤島 敦

Abe, Hironobu; Takahashi, Kazuharu*; Fujishima, Atsushi

幌延深地層研究計画においては、地質・地質構造に関する調査の一環として、研究所設置区域及びその周辺地域における岩盤の地質学的不均質性及び物質の移動経路として重要な構造(断層など)を把握するための調査を実施している。本研究ではその研究の一環として、構造を推定するための手法の一つとしてのガス測定が有効であるかを検討するため、研究所設置地区である幌延町北進地区を中心にメタンガス・二酸化炭素ガス量の測定を行い、ガス量の分布と大曲断層の分布との関係について検討した。その結果、大曲断層の推定位置周辺で二酸化炭素ガス量が多い傾向が認められた。

We are carring out a geological survey to understand important geological structure as geological heterogeneity and migration pathway of material in the bedrock of around the URL area. This report summarizes method and the result of gas measurements, carried out in the Hokushin area and the Suwanosawa area, a period of the FY 2002 to FY 2006. We have investigated gas concentrations of CH$$_{4}$$ and CO$$_{2}$$ (methane and carbon dioxide) along the Omagari fault, and discussed correlations between the gas concentrations and the Omagari fault. The high amount of CO$$_{2}$$ gas concentration were observed around the Omagari Fault.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.