検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力の基礎研究を推進した世界最大級のタンデム加速器

The World-largest class tandem accelerator at JAEA-Tokai as a driver of basic research on nuclear energy

竹内 末広; 千葉 敏; 永目 諭一郎

Takeuchi, Suehiro; Chiba, Satoshi; Nagame, Yuichiro

原子力機構-東海には加速電圧20MVの大型タンデム加速器があり、1982年以来原子力の基礎研究のため陽子ビームをはじめ各種重イオンを安定に加速し、また加速器開発により性能向上を図りつつ、国内外に開かれた利用を進め、先端基礎研究を支えてきた。このような由来が評価され、当タンデム加速器は標記の標題で日本原子力学会の原子力歴史構築賞を受賞した。本発表は核データセンターの発行する核データニュースに核データの整備に歴史的に貢献してきた一つの施設として解説記事を掲載するものである。本文第1節は、旧日本原子力研究所における静電加速器の草分けから始まり、タンデム加速器施設の紹介と今日に至るまでの継続的な加速器開発と利用状況を述べ、いかに原子力の先端基礎研究に先導的貢献をしてきたかを示した。第2節以降は利用成果の紹介であり、核融合炉開発に有用な中性子断面積の測定などを中性子散乱スペクトロメータを用いて行い、一連の成果がJENDL-3, -4の核データ評価に貢献したこと、希土類あるいはアクチノイド領域における17の新核種発見、重イオン照射における電子励起効果などについて述べている。

Since 1982, the tandem accelerator at JAEA-Tokai has been steadily providing various ion beams for basic researches on nuclear energy, open to the world for the utilization, and continuously upgraded. Its historic contribution to the basic research was appreciated by Atomic Energy Society of Japan as a historic landmark in nuclear energy. There have been a lot of activities in taking nuclear data at the facility also. This article is written, for Nuclear Data News from Nuclear Data Center, about the history of the tandem accelerator facility, its developments and utilization, nuclear data measurement for the development of nuclear fusion reactors and their contribution to JENDL-3 and -4, discoveries of new 17 isotopes among rare-earths and actinoides, effects of electric excitation in various solid-state matters under heavy-ion irradiation and so on.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.