検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

気相化学分離された化合物の搬送に関する研究

Research on transportation of chemical compounds after gas phase chemistry

村山 裕史*; 後藤 真一*; 工藤 久昭*; 塚田 和明 ; 浅井 雅人 ; 豊嶋 厚史; 佐藤 哲也  ; 永目 諭一郎

Murayama, Hiroshi*; Goto, Shinichi*; Kudo, Hisaaki*; Tsukada, Kazuaki; Asai, Masato; Toyoshima, Atsushi; Sato, Tetsuya; Nagame, Yuichiro

超重元素の化学的性質を調べる実験手法の一つである気相化学分離法では、化学分離した揮発性化合物を実験装置から放射線測定系へ搬送するために、エアロゾルガスジェット法を用いる。本研究では、超重元素ラザホージウム及び同族元素について、気相化学分離後の揮発性化合物の迅速かつ効率的な搬送のために、キャリアガスの種類や流量,エアロゾルの種類などについて最適条件の検討を行った。その結果、窒素をキャリアガスとしてエアロゾルにKClを用い、ガス流量1.4L/minとしたときに、最大約40%の搬送効率を得ることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.