検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Method of observing the spot where full-power counter-propagating laser pulses collide in plasma media

プラズマ媒質中でフルパワーの対向レーザーパルスが衝突する時のスポットを観測する方法

川瀬 啓悟; 神門 正城; Pirozhkov, A. S.; 本間 隆之; 亀島 敬*; 大東 出; 林 由紀雄; 小瀧 秀行; 福田 祐仁; Esirkepov, T. Z.; Koga, J. K.; Faenov, A. Y.; Pikuz, T. A.*; Ragozin, E. N.*; Bulanov, S. V.; 田島 俊樹

Kawase, Keigo; Kando, Masaki; Pirozhkov, A. S.; Homma, Takayuki; Kameshima, Takashi*; Daito, Izuru; Hayashi, Yukio; Kotaki, Hideyuki; Fukuda, Yuji; Esirkepov, T. Z.; Koga, J. K.; Faenov, A. Y.; Pikuz, T. A.*; Ragozin, E. N.*; Bulanov, S. V.; Tajima, Toshiki

対向入射レーザーパルスの衝突をフルパワーで観測する新しい方法を提案し、その方法を実証した。この方法は、レーザー衝突点上部からのイメージング,側面シャドウグラフィ,極端紫外光分光器、そして戻り光観測の組合せである。この方法を用いることによって、現実の実験条件下(プラズマ中でのフルパワーレーザー)において、衝突点における対向入射レーザーパルスのアライメントを実現することができる。ここで得られた戻り光観測系のプラズマ中での空間分解能は1.35$$mu{rm m}$$であり、アライメント精度はプラズマが存在していても15$$mu{rm m}$$以下である。

A new observation method of providing a precise collision of two full-power counter-propagating laser pulses is proposed and demonstrated. The method is a combination of top-view imaging, side-view shadowgram, extra-ultraviolet (XUV) spectrograph, and returning pulse monitoring. This allows us to align two counter-propagating laser pulses at their colliding point in a real situation (full power laser operation in plasma). The achieved spatial resolution of the monitor in the plasma is 1.35 $$mu{rm m}$$ with the precision level of alignment better than 15 $$mu{rm m}$$ even when there is plasma present.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11.33

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.