検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射性廃棄物中のウランの分析に対するプレキャピラリー錯形成電気泳動法の適用性

Applicability of capillary electrophoresis with pre-capillary complexation technique for analysis of uranium in radioactive wastes

原賀 智子; 亀尾 裕; 片山 淳; 中島 幹雄; 高橋 邦明; 星野 仁*

Haraga, Tomoko; Kameo, Yutaka; Katayama, Atsushi; Nakashima, Mikio; Takahashi, Kuniaki; Hoshino, Hitoshi*

放射性廃棄物の放射能評価技術開発の一環として、放射性核種の化学分離法を簡易化するためにキャピラリー電気泳動法の適用性を検討した。本報告では、廃棄物試料中のウランの分析を目的として、プレキャピラリー錯形成法に着目し、試料中のマトリックス金属イオンとの効率的な分離を試みた。錯形成試薬としてフェナントロリン誘導体を使用することにより、マトリックス元素として、Al, Fe, Ca, Eu及びHoと分離することができ、ウランの検出が可能であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.