検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High-spin structure of $$^{37}$$Cl, intruder excitations, and the $$sd$$-$$fp$$ shell gap

$$^{37}$$Clの高スピン構造,侵入者励起と$$sd$$-$$fp$$殻ギャップ

Ionescu-Bujor, M.*; Iordachescu, A.*; Lenzi, S. M.*; Napoli, D. R.*; M$u{a}$rginean, N.*; Medina, N. H.*; Bazzacco, D.*; Bucurescu, D.*; de Angelis, G.*; Della Vedova, F.*; Farnea, E.*; Gadea, A.*; Menegazzo, R.*; Lunardi, S.*; Ur, C. A.*; Zilio, S.*; 大塚 孝治*; 宇都野 穣

Ionescu-Bujor, M.*; Iordachescu, A.*; Lenzi, S. M.*; Napoli, D. R.*; M$u{a}$rginean, N.*; Medina, N. H.*; Bazzacco, D.*; Bucurescu, D.*; de Angelis, G.*; Della Vedova, F.*; Farnea, E.*; Gadea, A.*; Menegazzo, R.*; Lunardi, S.*; Ur, C. A.*; Zilio, S.*; Otsuka, Takaharu*; Utsuno, Yutaka

イタリア・レニャーロ国立研究所のタンデム加速器にて$$^{24}$$Mg($$^{16}$$O, 3$$p$$)反応によって$$^{37}$$Cl核の高スピン状態を生成し、そこからの脱励起$$gamma$$線を観測した。励起エネルギー約17MeVまでの状態を観測し、スピン29/2$$^+$$(負パリティは27/2$$^-$$)までのイラスト状態を確立した。この結果を機構でなされたモンテカルロ殻模型計算と比較したところ、実験と良い一致を得た。これら高スピン状態は、魔法数20の殻ギャップを超えて励起する状態であることが理論と実験との比較からわかった。また、モンテカルロ殻模型法と採用されたSDPF-M相互作用の有用性を確かめることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:40.12

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.