検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Precision measurement of the electric quadrupole moment of $$^{31}$$Al and determination of the effective proton charge in the sd-shell

$$^{31}$$Alの電気的四重極モーメントの精密測定とsd殻の有効電荷の決定

De Rydt, M.*; Neyens, G.*; 旭 耕一郎*; Balabanski, D. L.*; Daugas, J. M.*; Depuydt, M.*; Gaudefroy, L.*; Gr$'e$vy, S.*; 挾間 優佳*; 市川 雄一*; Morel, P.*; 長友 傑*; 大塚 孝治*; Perrot, L.*; 島田 健司*; St$"o$del, C.*; Thomas, J. C.*; 上野 秀樹*; 宇都野 穣; Vanderheijden, W.*; Vermeulen, N.*; Vingerhoets, P.*; 吉見 彰洋*

De Rydt, M.*; Neyens, G.*; Asahi, Koichiro*; Balabanski, D. L.*; Daugas, J. M.*; Depuydt, M.*; Gaudefroy, L.*; Gr$'e$vy, S.*; Hasama, Yuka*; Ichikawa, Yuichi*; Morel, P.*; Nagatomo, Takashi*; Otsuka, Takaharu*; Perrot, L.*; Shimada, Kenji*; St$"o$del, C.*; Thomas, J. C.*; Ueno, Hideki*; Utsuno, Yutaka; Vanderheijden, W.*; Vermeulen, N.*; Vingerhoets, P.*; Yoshimi, Akihiro*

フランスGANIL研究所にて中性子過剰核$$^{31}$$Alを$$^{36}$$Sの核破砕反応により生成し、その基底状態の電気的四重極モーメントをベータNMR法にて初めて測定した。実験で得られたモーメントを機構にてなされたモンテカルロ殻模型計算で求められた値と比較した。実験値で得られた134.0(16)mbに対し、標準的な有効電荷を用いた計算値は155mbとおおむね良い値を与えているものの多少の相違があることがわかった。これまでの磁気モーメントの測定値から、この原子核では魔法数20の殻ギャップを超える励起の確率は小さく、理論計算は良い波動関数を与えていると考えられる。したがって、この相違は有効電荷に帰せられると考えられ、標準的な値よりもやや小さな有効電荷を用いることにより実験値をよく再現することがわかった。この小さな有効電荷は不安定核特有の中性子の緩い束縛と関係すると考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:32.72

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.