検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Radiation biology of ${it Caenorhabditis elegans}$; Germ cell response, aging and behavior

線虫の放射線生物学; 生殖細胞の応答,老化及び行動

坂下 哲哉; 高浪 タカ子*; 簗瀬 澄乃*; 浜田 信行*; 鈴木 芳代; 木村 孝文*; 小林 泰彦; 石井 直明*; 東谷 篤志*

Sakashita, Tetsuya; Takanami, Takako*; Yanase, Sumino*; Hamada, Nobuyuki*; Suzuki, Michiyo; Kimura, Takafumi*; Kobayashi, Yasuhiko; Ishii, Naoaki*; Higashitani, Atsushi*

線虫の放射線影響に関する研究は、過去30年以上にわたって行われ、現在、分子,細胞及び個体レベルでの線虫における放射線の影響機構の理解が進みつつある。本論文では、生殖細胞,老化、及び行動に焦点を当てて、これまでに蓄積された知見を解説する。生殖細胞に関しては、アポトーシス,セルサイクルの停止,DNA損傷の修復について概説し、老化については、放射線で誘導される酸化ストレスに着目してホルミシス効果とともに述べる。最後に、最近報告された行動への興味深い影響について、他の生物種への放射線影響と比較しながらまとめる。本解説にて触れた多くの研究で得られた知見から、線虫は放射線生物学の分野でも、よい${it in vivo}$モデル生物であることが示唆される。

The study of radiation effect in ${it Caenorhabditis (C.) elegans}$ have been carried out over three decades and now allow for understanding at the molecular, cellular and individual levels. This review describes the current knowledge of the biological effects of ionizing irradiation with a scope of the germ line, aging and behavior. ${it C. elegans}$ may be a good ${it in vivo}$ model system in the field of radiation biology.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:46.19

分野:Biology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.