検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地質構造の空間モデリング手法の開発; 瑞浪超深地層研究所における取り組み

Development for spatial modeling of geological structure; A Case study of the Mizunami Underground Research Laboratory

鶴田 忠彦 ; 松岡 稔幸; 田上 雅彦; 栗原 新; 天野 健治 ; 山田 泰広*; 小池 克明*

Tsuruta, Tadahiko; Matsuoka, Toshiyuki; Tagami, Masahiko; Kurihara, Arata; Amano, Kenji; Yamada, Yasuhiro*; Koike, Katsuaki*

石油資源探査,放射性廃棄物の地層処分,CO$$_{2}$$の地中貯留などの地下環境を対象とした事業では、高透水性の割れ目帯や、低透水性の断層などの地下水の流動を規制する地質構造の空間分布を把握することが重要である。一方で、そのような地質構造の分布を把握するためのボーリング調査や物理探査などの現場調査は、経費や実施場所などの制約により取得できる情報が限定されることから、地質構造の空間分布を現場調査の結果のみに基づいて理解することは極めて困難である。そのため、地質構造の空間分布を推定するモデリング技術の開発・適用が必要となってくる。以下に、日本原子力研究開発機構が岐阜県東濃地域の瑞浪超深地層研究所において進めている地質構造の空間分布を予測するためのモデリング技術の開発について、現状の取り組みを報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.