検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

単色$$gamma$$線ビームを用いた使用済燃料中Pu, U, MAの非破壊分析の提案,1; 分析装置の概要と要素技術開発の現状

Nondestructive assay of Pu, U and MA's in spent fuel by usinga mono-energetic $$gamma$$-ray beam, 1; Facility design and R&D status

羽島 良一; 早川 岳人; 菊澤 信宏 ; 静間 俊行; 西森 信行; 永井 良治; 沢村 勝; 川瀬 啓悟; 小菅 淳 ; 立野 亮; 近藤 公伯; 杉山 僚; 瀬谷 道夫

Hajima, Ryoichi; Hayakawa, Takehito; Kikuzawa, Nobuhiro; Shizuma, Toshiyuki; Nishimori, Nobuyuki; Nagai, Ryoji; Sawamura, Masaru; Kawase, Keigo; Kosuge, Atsushi; Tateno, Ryo; Kondo, Kiminori; Sugiyama, Akira; Seya, Michio

国際保障措置上の重要な課題である再処理工場での受払差への対応策として、使用済燃料中に含まれる核分裂物質($$^{239}$$Pu等)の高精度な非破壊分析法が検討されている。われわれは、量子ビームの先端技術により発生可能となる単色亜$$gamma$$線ビームと原子核共鳴蛍光散乱を組合せた、使用済燃料中のU, Pu, MAの非破壊分析法を提案する。本手法の特徴は以下の通りである。(1)2MeVの$$gamma$$線を用いるので燃料ピンの内部まで分析可能,(2)燃料集合体を冷却プールに入れたまま分析可能,(3)Puの同位体のみならず、U, MAなど必要なすべての同位体を分析可能。本発表では、装置の概要と要素技術開発の現状を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.