検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Management of cosmic radiation exposure for aircraft crew in Japan

日本の航空機乗務員被ばく線量管理の現状

保田 浩志*; 佐藤 達彦; 米原 英典*; 小佐古 敏荘*; 藤高 和信*; 佐々木 康人*

Yasuda, Hiroshi*; Sato, Tatsuhiko; Yonehara, Hidenori*; Kosako, Toshiso*; Fujitaka, Kazunobu*; Sasaki, Yasuhito*

我が国における航空機乗務員の被ばく管理は、文部科学省放射線審議会が2006年に策定したガイドラインに基づき、2007年度より開始されている。放射線医学総合研究所では、その被ばく管理のため、原子力機構が開発した宇宙線スペクトル計算モデルPARMAに基づいて航路線量を計算するプログラムJISCARD-EXを開発し、その結果を航空会社に提供している。発表では、JISCARD-EXを用いて計算した2007年度の航空機乗務員被ばく線量について報告する。

The National Institute of Radiological Sciences (NIRS) has helped the airlines companies to follow the guideline, particularly for the calculation of aviation route doses. The presentation will show the annual individual doses of aircraft crew calculated for the 2007 fiscal year.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:27.41

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.