検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

低アルカリ性セメントを用いた吹付けコンクリートの原位置適用性試験,1; 坑道支保工としての吹付けコンクリート配合の選定

In-situ experiment using low-alkaline cement shotcrete, 1; Mix design of composition of the shotcrete for the underground gallery support

野口 聡; 中山 雅; 岸 裕和; 北川 義人*; 南出 賢司*

Noguchi, Akira; Nakayama, Masashi; Kishi, Hirokazu; Kitagawa, Yoshito*; Minamide, Masashi*

低アルカリ性が要求される地下坑道の吹付けコンクリートへの適用を目的に開発中の、普通ポルトランド,シリカフューム及びフライアッシュの混合比を4:2:4とする低アルカリ性コンクリートを用いた吹付けコンクリートの配合選定と地上での吹付け施工試験を2009年3月に実施した。W/B=30%とし、高性能減水剤を用いた配合を選定したところ、スランプが23cmとなり基準値である21cm$$pm$$2cmを、型枠から採取したコアの材齢28日の圧縮強度が38.3MPaとなり、幌延深地層研究センターの設計基準強度である36MPaを満足した。本配合はHLW処分場の地下坑道の支保工に適した、吹付け施工用のコンクリートに適している。また、地上吹付け試験でのリバウンド率が約13%と小さく、坑道内での施工環境の向上が期待される。この配合を用いて2009年6月より幌延深地層研究センターの140m調査坑道において原位置施工試験を行うことにした。

We are researching about the low alkaline cement applying to support of galleries for high-level radioactive waste repositories. In March, 2009, we performed a experiment of shotcrete with low alkaline cement whose proportion of the binder is 40% of ordinary portland cement, 20% of silicafume and the rest 40% of flyash. By selecting the proportion 30% water binder ratio and adding superplasticizer, the slump was 23 cm and compressive strength of the hardened concrete was 38.3 MPa. This proportion satisfied the standard of the support of the Horonobe Underground Research Laboratory whose compressive strength is more than 36 MPa and slump is around 21cm. The rebound ratio of the shotcrete was around 13%. This value is lower than that of ordinary portland cement. So, we can expect to get a better construction environment with this shotcerte. We decided to use this proportion in the in-situ experiment at the 140 m gallery in the Horonobe URL.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.