検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Comparison of calibration factors for dosemeters at $$^{241}$$Am-Be neutron standard fields using new and old sources

新旧の$$^{241}$$Am-Be中性子線源による中性子校正場での中性子線量計の校正定数の比較

古渡 意彦; 立部 洋介; 佐藤 康夫; 川崎 克也 ; 吉澤 道夫 

Kowatari, Munehiko; Tatebe, Yosuke; Sato, Yasuo; Kawasaki, Katsuya; Yoshizawa, Michio

原子力科学研究所放射線標準施設棟での$$^{241}$$Am-Be線源による中性子校正場を効率よく運用するため、新旧の$$^{241}$$Am-Beを交互に使用することを検討している。このとき、新旧どちらの線源を使用した場合でも、被校正物である中性子線量計に対して同一の校正定数を値付けできることが必須である。本報告では、日本で広く普及している中性子サーベイメータと電子式個人線量計を使用して、新旧$$^{241}$$Am-Be線源を使用した中性子校正場で同一の校正定数が得られるかどうか、実験的に検証した。それぞれの線量計から得られた校正定数は、校正機関の相互比較で使用されるE$$_{n}$$数を用いて比較した。本来は、E$$_{n}$$数が1以下である場合、両者の値が一致としているが、本報告では線源のみの違いを評価するため、判定基準を0.5と厳しくした。実験及び評価の結果、サーベイメータ及び電子式個人線量計の両方で、基準を大きく下回る結果が得られた。これを受けて、新旧いずれの$$^{241}$$Am-Be線源を使用して線量計を校正しても、同一の校正定数が得られることが証明できた。

For the contribution to the effective operation of $$^{241}$$Am-Be neutron standard fields, experimental studies on the comparison of the calibration factors for neutron dosemeters by old and new sources were made. Measured calibration factors for each dosemeter were compared by estimating their E$$_{n}$$ values. Results of the variation of calibration factor for neutron dosemeters were quite satisfactory and identical calibration factors were obtained at neutron calibration fields by new and old $$^{241}$$Am-Be source.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.