検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

瑞浪超深地層研究所における深部地質環境のモデル化を目指した地質学的調査

Geological investigations for geological model of deep underground geoenvironment at the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU)

鶴田 忠彦 ; 田上 雅彦; 天野 健治 ; 松岡 稔幸; 栗原 新; 山田 泰広*; 小池 克明*

Tsuruta, Tadahiko; Tagami, Masahiko; Amano, Kenji; Matsuoka, Toshiyuki; Kurihara, Arata; Yamada, Yasuhiro*; Koike, Katsuaki*

瑞浪超深地層研究所では、結晶質岩(花崗岩)を調査・研究において深地層の科学的研究を進めている。研究所で行っている地質学的調査では、特に結晶質岩中における地下水などの流体の主要な移行経路である割れ目や断層などの不連続構造の不均質性や特性に着目して、地表地質調査、反射法弾性波探査、ボーリング調査、研究坑道における地質調査などからなる現場調査と、それらの結果に基づく地質構造のモデル化を行っている。これまでの現場調査の結果、地下水の流動を規制する低透水性の断層が存在することと、多量の湧水を伴う割れ目帯が花崗岩上部に分布していることが明らかになっている。これらの地質構造については、スケールの異なる地質構造の規則性・関連性や地質構造の発達過程に着目したモデル化の整備を進めているところである。本報では、地質構造に関する現場調査と、地質構造モデルの構築に関する事例の紹介を通して、研究所における地質学的調査について報告する。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) is developing a geoscientific research project, Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) project, in order to establish scientific and technological basis for geological disposal of HLW. A series of geological mapping, reflection seismic survey, borehole investigation and geological investigations around research galleries are carried out to identify the distribution and the heterogeneity of fractures and faults that are potential major flow-pass of groundwater as field investigations. This paper describes geological investigations in the MIU project, focused on the evaluation of their effectiveness in order to understand the deep underground geological environment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.