検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

離散化チャネル結合法を用いた重陽子入射反応の反応断面積がもつ標的核依存性の分析

Systematic analysis of reaction cross section for deuteron induced reaction with Continuum-Discretized Coupled-Channels method

橋本 慎太郎; 緒方 一介*; 八尋 正信*

Hashimoto, Shintaro; Ogata, Kazuyuki*; Yahiro, Masanobu*

重陽子入射反応における反応断面積の標的核依存性を離散化チャネル結合法(CDCC)を用いて分析し、その系統性を議論する。相転移とのアナロジーに基いた非常に斬新な考え方を導入することにより、"相転移点"がCDCC計算を通じて決定できること、これを用いて反応断面積の標的核に関する依存性が表現されることを示す。今回はその相互作用がよく知られている重陽子入射反応を分析し、複合粒子が関与する反応の本質的な理解を目指す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.