検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Stability margin of NbTi CIC conductor for JT-60SA equilibrium field coil

JT-60SA平衡磁場コイル用NbTiケーブルインコンジット導体の安定性マージン

村上 陽之; 市毛 寿一; 木津 要; 土屋 勝彦; 吉田 清; 尾花 哲浩*; 濱口 真司*; 高畑 一也*; 柳 長門*; 三戸 利行*; 今川 信作*

Murakami, Haruyuki; Ichige, Toshikatsu; Kizu, Kaname; Tsuchiya, Katsuhiko; Yoshida, Kiyoshi; Obana, Tetsuhiro*; Hamaguchi, Shinji*; Takahata, Kazuya*; Yanagi, Nagato*; Mito, Toshiyuki*; Imagawa, Shinsaku*

JT-60SA装置の平衡磁場(EF)コイルは、最大経験磁場が6.2Tと比較的小さいため、NbTi素線を用いたケーブル・イン・コンジット導体により製作される。実機に使用される導体の量産に先立って、導体の超伝導特性を確認するため、実機導体を用いた性能評価試験を日本原子力研究開発機構(JAEA)と核融合科学研究所(NIFS)が共同で実施し、Tcs(分流開始温度)及びMQE(最小クエンチエネルギー)が測定された。試験の結果、実機導体は設計通りのTcsを持ち平衡磁場コイルの運転に支障がないこと、また運転領域(最大通電電流20kA,最大磁場6.2T)におけるMQEが高く、平衡磁場コイルの運転を安定に行えることが確認できた。本講演ではこれらの性能評価試験について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:79.52

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.