検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present status of Japanese tasks for lithium target facility under IFMIF/EVEDA

IFMIF/EVEDAリチウムターゲット系日本側タスクの現状

中村 和幸; 古川 智弘; 平川 康; 金村 卓治; 近藤 浩夫; 井田 瑞穂; 新妻 重人; 大高 雅彦; 渡辺 一慶; 堀池 寛*; 帆足 英二*; 鈴木 幸子*; 山岡 信夫*; 杉浦 寛和*; 寺井 隆幸*; 鈴木 晶大*; 八木 重郎*; 坂内 美貴子*; 深田 智*; 中村 博雄*; 枝尾 裕希*; 辻 義之*; 古谷 一幸*

Nakamura, Kazuyuki; Furukawa, Tomohiro; Hirakawa, Yasushi; Kanemura, Takuji; Kondo, Hiroo; Ida, Mizuho; Niitsuma, Shigeto; Otaka, Masahiko; Watanabe, Kazuyoshi; Horiike, Hiroshi*; Hoashi, Eiji*; Suzuki, Sachiko*; Yamaoka, Nobuo*; Sugiura, Hirokazu*; Terai, Takayuki*; Suzuki, Akihiro*; Yagi, Juro*; Bannai, Mikiko*; Fukada, Satoshi*; Nakamura, Hiroo*; Edao, Yuki*; Tsuji, Yoshiyuki*; Furuya, Kazuyuki*

IFMIF/EVEDAリチウムターゲット系は、5つの実証タスク(LF1-5)と1つの設計タスク(LF6)から構成されている。LF1の目的は、EVEDA液体リチウム試験ループを建設し運転することであり、日本が主たる責任を負っている。LF2は、EVEDA液体リチウム試験ループとIFMIF実機の設計に対する計測系の開発を行うものであり、現在、基礎研究が終了し、試験ループ用装置の設計を実施している。LF4は、リチウム中に含まれる窒素及び水素の除去技術を開発するものであり、LF2同様、現在、基礎研究が終了し、試験ループ用装置の設計を実施している。LF5は、ターゲットアッセンブリーの遠隔操作技術を開発するものであり、原子力機構は、フランジのリップ部分をレーザーによって切断,溶接を行うアイデアの実証を目指している。切断,溶接実験は2011年の実施予定である。LF6は、LF1-5の実証試験結果をもとにIFMIF実機の設計を行うものである。

In IFMIF/EVEDA, tasks for lithium target system are shared to 5 validation tasks (LF1-5) and a design task (LF6). The purpose of LF1 task is to construct and operate the EVEDA lithium test loop, and JAEA has a main responsibility to the performance of the Li test loop. LF2 is a task for the diagnostics of the Li test loop and IFMIF design. Basic research for the diagnostics equipment has been completed, and the construction for the Li test loop will be finished before March in 2011. LF4 is a task for the purification systems with nitrogen and hydrogen. Basic research for the purification equipment has been completed, and the construction of the nitrogen system for the Li test loop will be finished before March in 2011. LF5 is a task for the remote handling system with the target assembly. JAEA has an idea to use the laser beam for cutting and welding of the lip part of the flanges. LF6 is a task for the design of the IFMIF based on the validation experiments of LF1-5.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:30.67

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.