検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ICRP 2007年勧告の組織加重係数等に基づく内部被ばく線量係数,濃度限度等の試算(受託研究)

Calculation of dose coefficients and concentration limits based on tissue weighting factors, et al. revised in the ICRP 2007 Recommendations (Contract research)

真辺 健太郎; 遠藤 章

Manabe, Kentaro; Endo, Akira

現行の放射線障害防止法の告示等における線量係数,濃度限度等は、国際放射線防護委員会(ICRP)の1990年勧告に基づいて整備されている。ICRPは、この1990年勧告に替わる新たな勧告(2007年勧告)を、2007年に公開した。2007年勧告は、実効線量の計算手順,計算に用いる組織加重係数,放射線加重係数等について改訂を行った。これらの改訂が、線量係数等の評価に与える影響を明らかにすることは、今後、2007年勧告を我が国の法令に取り入れるための検討を行ううえで重要である。本研究では、2007年勧告によって改訂された組織加重係数等に基づいて線量係数等を計算するとともに、1990年勧告に基づく線量係数等と比較し、違いの傾向とその原因を分析した。その結果、2007年勧告の方法に基づくと、吸入摂取に対する線量係数は、1990年勧告に基づく値に比べ減少する核種が多いこと、また、経口摂取に対する線量係数は、多くの核種においてほとんど変わらないことが明らかになった。さらに、線量係数の変化の原因としては、組織加重係数の改訂よりも、等価線量の計算方法の変更が大きく影響していることがわかった。

The dose coefficients and concentration limits provided by laws and their relevant public notices in Japan are based on the 1990 Recommendations of the International Commission on Radiological Protection (ICRP). In 2007, the ICRP published the new Recommendations which supersede the 1990 Recommendations. The 2007 Recommendations update tissue and radiation weighting factors to estimate equivalent and effective doses. Therefore, it is important to clarify the impact of these revisions on dose coefficients et al. in adopting the 2007 Recommendations for the system of radiation protection. In this study, dose coefficients et al. have been calculated using the revised tissue weighting factors and compared with those based on the 1990 Recommendations. For most nuclides, the dose coefficients calculated using weighting factors of the 2007 Recommendations decrease for inhalation and remain the same for ingestion. It was identified that the difference in dose coefficients is mainly due to the change in the procedure for calculating equivalent dose rather than the update of the weighting factors.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.