検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Vacuum brazing of the new RFQ for the J-PARC linac

J-PARCリニアックにおける真空ロー付けによるRFQの製作

森下 卓俊; 近藤 恭弘; 長谷川 和男; 内藤 富士雄*; 吉岡 正和*; 松本 浩*; 堀 洋一郎*; 川又 弘史*; 齊藤 芳男*; 馬場 斉*

Morishita, Takatoshi; Kondo, Yasuhiro; Hasegawa, Kazuo; Naito, Fujio*; Yoshioka, Masakazu*; Matsumoto, Hiroshi*; Hori, Yoichiro*; Kawamata, Hiroshi*; Saito, Yoshio*; Baba, Hiroshi*

J-PARCリニアックでは、新たにRFQの製作を開始した。RFQ空洞を長手方向に3分割して製作し、架台上で連結する構造としている。一つの空洞は主ベインと副ベインの2種のベインを真空ロー付け接合により製作することとした。従来はベインの接合と各種ポートの接合は2回の真空ロー付けに分けて行われていたが、本件では1度のロー付けによる製作を試みた。初号機では真空リークなどの不具合に見舞われたが、その原因は加熱時の温度不均一によるものと思われた。初号機の不具合を修復したのちに、2号機では温度制御を改善し、良好な結果が得られた。

The fabrication of a new RFQ has been started as a backup machine for the J-PARC linac. The RFQ cavity is divided by three unit tanks in the longitudinal direction. The unit tank consists of two major vanes and two minor vanes, those are brazed together. A one-step vacuum brazing of a unit tank was adopted to unite these four vanes together with the flanges and ports. At the first tank brazing, the vacuum leak has been occurred due to the non-uniform temperature rise during the heating. Repair of this leakage and the results of the improved brazing of the second tank are reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.