検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Vane machining by the ball-end-mill for the new RFQ in the J-PARC linac

J-PARCリニアックにおけるボールエンドミルを用いたベイン加工による新RFQの製作

森下 卓俊; 近藤 恭弘; 長谷川 和男; 川又 弘史*; 内藤 富士雄*; 吉岡 正和*; 松本 浩*; 堀 洋一郎*; 齊藤 芳男*; 馬場 斉*

Morishita, Takatoshi; Kondo, Yasuhiro; Hasegawa, Kazuo; Kawamata, Hiroshi*; Naito, Fujio*; Yoshioka, Masakazu*; Matsumoto, Hiroshi*; Hori, Yoichiro*; Saito, Yoshio*; Baba, Hiroshi*

J-PARCリニアックでは、新たにRFQの製作を開始した。およそ3mのRFQ空洞を長手方向に3分割して製作し、架台上で連結する構造としている。一つの空洞は主ベインと副ベインの2種のベインを真空ロー付けにより接合される。従来はベイン先端のモジュレーション部は専用切削刃物を開発して加工されていたが、コスト削減と特殊刃物の開発期間の短縮のため、現在主流のNC加工機とボールエンドミルを用いた切削加工方式を採用した。試験加工において良好な結果を確認し、ボールエンドミルによるRFQ製作を開始した。ボールエンドミルを使用したベイン精密加工結果に関して報告する。

The fabrication of a new RFQ has been started in the J-PARC linac. The RFQ cavity is divided by three unit tanks in the longitudinal direction. The unit tank consists of two major vanes and two minor vanes, those will be brazed together. To reduce the costs and periods to develop the special formed bite for the modulation machining, a numerical controlled machining using a conventional ball-end-mill was adopted for the vane modulation cutting instead of the wheel shape cutter. The dimension accuracy was confirmed by cutting test pieces. Moreover, the obtained surface seems smooth enough for the operation. Results of the ball-end-mill machining for the vanes are described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.