検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

細線形状効果による磁壁運動とスピン起電力

Domain wall motion due to wire-shape effect, and spin-motive force

山根 結太; 家田 淳一  ; 大江 純一郎; 前川 禎通

Yamane, Yuta; Ieda, Junichi; Oe, Junichiro; Maekawa, Sadamichi

近年、スピントロニクス分野においてスピン起電力と呼ばれる現象が注目を集めている。スピン起電力とはその名の通り電子のスピン自由度に起因する起電力であり、そのメカニズムにおいては電子スピンと強磁性体中の局在磁化との交換相互作用が本質的な役割を果たしている。磁壁移動を利用してスピン起電力の観測が可能であることがBarnes-Maekawaによって理論的に予測され、のちに実験によって確かめられているが、磁壁移動を誘起するために外部静磁場を印加しており、生じる起電力は外部磁場のエネルギーが電気的に変換されたものである。一方で、断面積が一様でない磁性細線を利用することで、定常的に外場を印加することなく磁壁移動の誘起が可能であることがS.E.Barnesらによって指摘されている。講演では、こうした一様でない断面積を持つ磁性細線を用いたスピン起電力の数値解析の詳細を示す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.