検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Cross-shell excitations near the "island of inversion"; Structure of $$^{30}$$Mg

「逆転の島」近くの殻を超えた励起; $$^{30}$$Mgの構造

Daecon, A. N.*; Smith, J. F.*; Freeman, S. J.*; Janssens, R. V. F.*; Carpenter, M. P.*; Hadinia, B.*; Hoffman, C. R.*; Kay, B. P.*; Lauritsen, T.*; Lister, C. J.*; O'Donnell, D.*; Ollier, J.*; 大塚 孝治*; Seweryniak, D.*; Spohr, K.-M.*; Steppenbeck, D.*; Tabor, S. L.*; Tripathi, V.*; 宇都野 穣; Wady, P. T.*; Zhu, S.*

Daecon, A. N.*; Smith, J. F.*; Freeman, S. J.*; Janssens, R. V. F.*; Carpenter, M. P.*; Hadinia, B.*; Hoffman, C. R.*; Kay, B. P.*; Lauritsen, T.*; Lister, C. J.*; O'Donnell, D.*; Ollier, J.*; Otsuka, Takaharu*; Seweryniak, D.*; Spohr, K.-M.*; Steppenbeck, D.*; Tabor, S. L.*; Tripathi, V.*; Utsuno, Yutaka; Wady, P. T.*; Zhu, S.*

$$^{30}$$Mgは、中性子数20の魔法数が消滅する「逆転の島」と呼ばれている領域の境界にあたり、その詳しい核構造は興味が持たれている。この研究では、アルゴンヌ国立研究所において$$^{30}$$Mgの励起状態を$$^{14}$$C($$^{18}$$O,2$$p$$)反応にて生成し、そこからの脱励起$$gamma$$線を観測することによってエネルギー準位を構築した。その結果、励起エネルギー2-4MeV領域に魔法数消滅が起きないことを前提とした理論計算では得られない状態が複数観測された。モンテカルロ殻模型による大規模計算と比較したところ、これらの状態は、2個の中性子が中性子数20の殻ギャップを超えて励起した状態と対応させることができた。すなわち、$$^{30}$$Mgではかなり低い励起エネルギーに殻ギャップを超えた励起状態が存在することが明らかとなり、「逆転の島」の境界に属することがはっきりした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:29.21

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.