検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Empirical scaling of sawtooth period for onset of neoclassical tearing modes

新古典テアリングモード発生時の鋸歯状振動周期の実験的スケーリング

Chapman, I. T.*; Buttery, R. J.*; Coda, S.*; Gerhardt, S.*; Graves, J. P.*; Howell, D. F.*; 諫山 明彦; La Haye, R. J.*; Liu, Y.*; Maget, P.*; Maraschek, M.*; Sabbagh, S.*; Sauter, O.*; ASDEX Upgrade Team*; DIII-D*; HL-2A*; JT-60U*; MAST*; NSTX Team*; TCV*; Tore Supra Teams*; JET-EFDA Contributors*

Chapman, I. T.*; Buttery, R. J.*; Coda, S.*; Gerhardt, S.*; Graves, J. P.*; Howell, D. F.*; Isayama, Akihiko; La Haye, R. J.*; Liu, Y.*; Maget, P.*; Maraschek, M.*; Sabbagh, S.*; Sauter, O.*; ASDEX Upgrade Team*; DIII-D*; HL-2A*; JT-60U*; MAST*; NSTX Team*; TCV*; Tore Supra Teams*; JET-EFDA Contributors*

本論文では、ASDEX-U, DIII-D, HL-2A, JET, JT-60U, MAST, NSTX, TCV, Tore Supraにおいて鋸歯状振動と新古典テアリングモード(NTM)の発生について調べた結果について記述している。データベース解析の結果、鋸歯状振動がNTMを誘起したときのベータ値は鋸歯状振動の周期とともに低下することがわかった。また、装置間で鋸歯状振動を比較する場合、鋸歯状振動周期を抵抗性拡散時間で規格化し、プラズマ圧力として規格化ベータ値($$beta_N$$)を用いることがよいことがわかった。今回の結果をITERに外挿した場合、鋸歯状振動周期が10秒の場合は$$beta_Nsim 4$$でNTMが誘起されると予想されるのに対し、鋸歯状振動周期が100秒の場合は$$beta_Nsim 2$$でNTMが誘起されると予想されることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:12.27

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.