検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Examination of Japanese mass-produced Nb$$_3$$Sn conductors for ITER toroidal field coils

日本における量産化ITER TFコイル用Nb$$_3$$Sn導体の品質検証

名原 啓博; 布谷 嘉彦; 礒野 高明; 濱田 一弥; 高橋 良和; 松井 邦浩; 辺見 努; 河野 勝己; 小泉 徳潔; 海老澤 昇; 井口 将秀; 梶谷 秀樹; 押切 雅幸; 宇野 康弘; 堤 史明; 吉川 正敏*; 中嶋 秀夫; 奥野 清; Bruzzone, P.*; Stepanov, B.*

Nabara, Yoshihiro; Nunoya, Yoshihiko; Isono, Takaaki; Hamada, Kazuya; Takahashi, Yoshikazu; Matsui, Kunihiro; Hemmi, Tsutomu; Kawano, Katsumi; Koizumi, Norikiyo; Ebisawa, Noboru; Iguchi, Masahide; Kajitani, Hideki; Oshikiri, Masayuki; Uno, Yasuhiro; Tsutsumi, Fumiaki; Yoshikawa, Masatoshi*; Nakajima, Hideo; Okuno, Kiyoshi; Bruzzone, P.*; Stepanov, B.*

ITER TFコイル用Nb$$_3$$Sn導体のうち、原子力機構は日本の国内実施機関として415mの導体を9本、760mの導体を24本調達する。調達の第一段階として、TF導体の製作能力を確認するため、長さ4mの導体を2本組合せてサンプルを製作し、SULTAN装置を使って試験した。その結果、各導体の最小の分流開始温度$$T_{cs}$$は6.22Kと6.02Kであり、設計値(5.7K)を満たすことを確認した。そこで原子力機構はTF導体の量産を開始し、まず100mの導体と415mの導体を製作した。第二段階として、量産プロセスの適切性を確認するため、これら2本の導体からそれぞれ4mの導体を切り出し、SULTAN装置で試験した。その結果、各導体の最小の$$T_{cs}$$は6.16Kと5.80Kであり、設計値を上回ったことで、量産プロセスが適切であることを実証した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:32.31

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.