検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

GEN IV原子力システムの核拡散抵抗性及び核物質防護評価手法Rev.5; GIF PRPPワーキンググループ報告書(仮訳)

Introduction to the Revision 5 of Evaluation Methodology for Proliferation Resistance and Physical Protection of Generation IV Nuclear Energy Systems

川久保 陽子; 井上 尚子; 千崎 雅生

Kawakubo, Yoko; Inoue, Naoko; Senzaki, Masao

「GEN IV原子力システムの核拡散抵抗性及び核物質防護評価手法」Revision 5報告書は「Rev.5報告書」とも呼ばれ、本WGで開発された評価手法の重要な枠組みが記載されている。Rev.5報告書はコンセンサスベースの議論により作成され、2006年11月にOECD-NEAより発行された。本活動はPR&PP文化の確立に寄与しているという点でも高く評価されており、将来システムの核拡散抵抗性の国際的議論に大きな影響を及ぼしている。我が国においても次世代核燃料サイクルを開発するうえで、拡散抵抗性を十分に有しているシステムを設計・開発していくのは勿論のこと、それを国内外に適確に説明し、理解を得ていくことが必須である。このため、このRev.5報告書は、我が国の次世代核燃料サイクルの開発や関連研究の進展に有用であると考え、OECD-NEAの同意を得て翻訳し、日本語版として刊行することにした。原著(英語)はOECD-NEAのウェブサイトから入手可能である。

Revision 5 of the "Evaluation Methodology for Proliferation Resistance and Physical Protection of Generation IV Nuclear Energy Systems" is also known as the Rev. 5 report. The Rev. 5 report provides an important evaluation framework that was developed with consensus-based discussions, and published by the OECD-NEA in November, 2006. The activities of PR&PP WG has contributed to establish PR&PP culture. Japan has to develop the future nuclear cycle system with sufficient proliferation resistance and physical protection features and demonstrate and explain about its effectiveness to the domestic and international society. For these reasons, and recognizing the usefulness of the Revision-5 Report, it was translated and published here as a Japanese-language edition with the concurrence of the OECD-NEA. The original report in English language can be downloaded at the OECD-NEA website.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.