検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

熱・質量収支簡易モデルによる福島第一原発事故の格納容器状態の検討

Examination of the containment vessel conditions during the Fukushima Daiichi NPP accident by simple heat and mass balance model

柴本 泰照; 森山 清史; 中村 秀夫

Shibamoto, Yasuteru; Moriyama, Kiyofumi; Nakamura, Hideo

福島第一原子力発電所事故では当初から多くの計装が使用不能となり格納容器内の状況把握が困難だった。注水によって一応の冷却が達せられたものの、熱収支や格納容器内の水量等不明な点が多く、解析による定量的検討が求められた。このため、簡単な質量・熱収支モデルを作成し、状況把握や対策の結果予測を支援した。本報でモデルと解析例を示す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.