検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A Conceptual design study for the error field correction coil power supply in JT-60SA

JT-60SAにおける誤差磁場補正コイル用電源の概念設計検討

松川 誠; 島田 勝弘; 山内 邦仁; Gaio, E.*; Ferro, A.*; Novello, L.*

Matsukawa, Makoto; Shimada, Katsuhiro; Yamauchi, Kunihito; Gaio, E.*; Ferro, A.*; Novello, L.*

トカマク装置において高性能プラズマを実現するためには、誤差磁場補正が重要な課題の一つである。実際、国際熱核融合実験炉ITERにおいては、誤差磁場補正用の超伝導コイルが計画されており、JT-60SA装置では常伝導コイルが使用される予定である。同様のコイルは、他の世界中の多くの装置で据え付けられており、また運転中でもある。JT-60SA装置の場合、誤差磁場補正コイルは12個(あるいは18個)のセクターコイルが真空容器内に設置される予定である。本論文は、このような誤差磁場補正コイル用電源の回路構成と制御方式にかかわる概念設計について述べるものである。結論としては、電流フィーダや半導体電力素子の数を最小化することのできる多相インバータが、コスト面のみならず、軸対称成分による誘導電圧を相殺できる点などから、最も有望であることを示す。

To realize high performance plasmas in tokamak devices, error field correction (EFC) is one of the very important issues. Actually, error field correction coil is being planned in ITER using superconducting coils, while normal copper coils will be employed in JT-60SA. Similar coils are installed and under operation in many devices over the world. In the case of JT-60SA, EFC coils will be realized by 12 (or 18) sector coils installed inside the vacuum vessel. This paper describes a conceptual design study for the circuit configuration and control strategy of the power supply system of these EFC coils. In conclusion, to minimize the number of current feeders and semiconductor power devices, multi-phase inverter is the best solution not only from the cost merit but also from a view point of canceling the induced voltage of axisymmetric magnetic component.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:77.12

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.