検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

研究施設等から発生する均質・均一固化体に対する放射能濃度評価方法の検討

Study on the evaluation method to determine the radioactivity concentration in the bituminized products generated from research facilities

辻 智之; 亀尾 裕; 坂井 章浩; 天澤 弘也; 高橋 邦明

Tsuji, Tomoyuki; Kameo, Yutaka; Sakai, Akihiro; Amazawa, Hiroya; Takahashi, Kuniaki

日本原子力研究開発機構の研究施設から発生する研究施設等廃棄物について、近い将来に浅地中埋設処分の実施が予定されており、放射性廃棄物の合理的な埋設処分を実施していくとの観点から、簡便かつ迅速に放射能濃度を評価する方法を構築する必要がある。そこで平成10年度から平成19年度にかけて原子力科学研究所において作製されたアスファルト固化体に対して、スケーリングファクタ法や平均放射能濃度法のような統計的手法に基づく放射能濃度評価方法の適用性について検討した。また、原子力科学研究所のアスファルト固化体に対し、放射能濃度評価方法を構築するうえで課題となる点について整理した。

In order to dispose of low-level radioactive wastes generated from various nuclear facilities in JAEA, we need to establish practical evaluation methods to determine radioactivity concentrations of the important nuclides for safety assessment on disposal of radioactive wastes. In this report, we have studied on establishing the practical evaluation methods such as the scaling factor method for bituminized products generated at Nuclear Science Research Institute and also summarized subjects for establishment of the practical evaluation methods for the bituminized products.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.