検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地震によるJ-PARCリニアックアライメントへの影響

Deformation of J-PARC linac after the Tohoku earthquake in Japan

森下 卓俊; 浅野 博之; 池上 雅紀*

Morishita, Takatoshi; Asano, Hiroyuki; Ikegami, Masanori*

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、J-PARC施設全域において建家,ユーティリティー設備,装置等に被害が生じ、現在、ビーム運転再開に向けて復旧作業を継続している。J-PARCリニアックは2006年夏に精密アライメントを完了し、2007年9月より下段の加速器(3GeV-RCS)にビーム供給を開始した。以後、加速器トンネルの変形は軽微であり、アライメントの悪化に起因するビーム品質の低下は見られず、再アライメントを実施することなく4年以上ビーム供給を継続してきた。しかしながら、地震後に実施した加速器トンネルの測量においては深刻な変形が明らかとなり、ビーム加速のためにはほぼ全数の加速空洞並びに電磁石の再調整が必要となった。リニアック直線部においては垂直方向には40mm以上の不等沈下、水平方向にはおよそ25mmの折れ曲がりが発生している。その後も定期的なトンネル変形観測を実施しており、終息傾向は見られるものの、地震発生後1か月を経ても変形が継続している。本発表では、J-PARCリニアックにおける地震による加速器アライメントへの影響、並びにその後の変動観測結果を報告する。

J-PARC linac has finalized its precise alignment at the end of summer 2006, and the beam provision to the RCS has been started at Sept. 2007. Since then, the deformation of the accelerator tunnel is small enough to keep the soundness of the alignment accuracy in the beam operation. Therefore, the linac has been operated without re-alignment of the accelerator components for these four years. However, the alignment has seriously been damaged due to the large earthquake at Mar. 11th, 2011 in eastern Japan. There has been observed more than 40 mm settlement and about 25 mm jackknife - like deformation horizontally at the straight section in the linac accelerator tunnel. After that earthquake, there continued a directional settlement in the straight section for two months. Now, re-alignment started for restoration of linac alignment. In this report, the deformation of the linac tunnel floor due to the earthquake is reported. We also report the stability of the tunnel floor.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.