検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Overview of R&D activities on tritium processing and handling technology in JAEA

JAEAにおけるトリチウム処理及び取り扱い技術に関する研究開発課題の現状

山西 敏彦; 中村 博文 ; 河村 繕範; 岩井 保則; 磯部 兼嗣; 小柳津 誠; 山田 正行; 鈴木 卓美; 林 巧

Yamanishi, Toshihiko; Nakamura, Hirofumi; Kawamura, Yoshinori; Iwai, Yasunori; Isobe, Kanetsugu; Oyaizu, Makoto; Yamada, Masayuki; Suzuki, Takumi; Hayashi, Takumi

原子力機構では、トリチウムプロセス研究棟(TPL)において、トリチウム処理及び取り扱い技術の研究開発を行っている。主たる研究課題は、ブランケットシステムにおける増殖トリチウム処理技術開発,トリチウム格納系における挙動,トリチウム除去・除染である。核融合原型炉を目指したトリチウム処理及び取り扱い技術についても、BAプログラムの下、原子力機構と日本の大学で共同で、研究開発を行っている。具体的には、トリチウム分析技術,トリチウム安全にかかわる基礎研究,材料のトリチウム耐久性である。固体電解セルに関して、ブランケットシステムのトリチウム処理方法として開発を行った。トリチウムの純鉄を介した水への透過挙動を研究した。高濃度トリチウム水の挙動については、腐食に安定な酸化膜の形成が、トリチウム水の存在で阻害されることが認められた。トリチウム水処理に用いられる化学交換塔の電解セルについて、トリチウム耐久性試験を行った。

In JAEA, the tritium processing and handling technologies have been studied at TPL. The main basic R&D activities in this field are: the tritium processing technology for the blanket recovery system; the tritium behavior in a confinement; and detritiation and decontamination. The R&D for tritium processing and handling technologies to a demonstration reactor (DEMO) are also planned to be carried out in the Broader Approach (BA) program in Japan by JAEA with Japanese universities. The ceramic electrolysis cell has been studied as a tritium processing method for the blanket system. The permeation behavior of tritium through pure iron into the gas containing water vapor has been studied. As for the behavior of high concentration tritium water, it was observed that the formation of the oxidized layer was prevented by the presence of tritium in water. Tritium durability tests were also carried out for the electrolysis cell of the chemical exchange column.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11.68

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.