検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Determination of the number of pulsed laser-Compton scattering photons

パルス化レーザ逆コンプトン光子数の決定方法

近藤 壮雄*; 宇都宮 弘章*; 秋宗 秀俊*; 山県 民穂*; 岡本 明之*; 原田 秀郎 ; 北谷 文人; 嶋 達志*; 堀川 賢*; 宮本 修治*

Kondo, Takeo*; Utsunomiya, Hiroaki*; Akimune, Hidetoshi*; Yamagata, Tamio*; Okamoto, Akiyuki*; Harada, Hideo; Kitatani, Fumito; Shima, Tatsushi*; Horikawa, Ken*; Miyamoto, Shuji*

厚い$$gamma$$線吸収材を透過した後に多重光子数のポアソン分布が、入射する光子数のポアソン分布から変化する度合いを測定することにより、レーザ逆コンプトン光子数を高精度で計測できる技術を提案した。検証のため、NewSUBARUで発生させた16.7MeVのレーザ逆コンプトン光の波高スペクトルを6"$$times$$5"のNaI(Tl)検出器により測定した。鉛板の厚さは、$$gamma$$線透過率が75.8, 50.9, 25.9%となる3種類とした。また、鉛板がない場合のスペクトルも測定した。この結果、本手法により、3.5%の精度で入射光子数を決定できることを示した。

We measured pulse-height spectra of 16.7 MeV laser-Compton scattering photons with a 6"$$times$$5" NaI(Tl) detector for blank and three lead materials of 75.8, 50.9, and 25.9% transmissions at the NewSUBARU facility to investigate how the original Poisson distribution of the pulsed photons is modified after passing through thick-target materials. We present a well-prescribed method of determining the number of incident photons within 3.5% accuracy based on the response of the NaI(Tl) detector to the pulsed photon beams.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:12.26

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.