検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高レベル放射性廃棄物処分場を対象とした天然現象による地質環境への影響評価のうち、火山・熱水活動による影響評価の手法; 特にシナリオ構築及びそのリスク論的考え方に基づく区分について

A Method for evaluation of potential impacts as to volcanism and hydrothermal activity, to geological environment due to natural phenomena for a high level radioactive waste repository, especially scenarios development and the classification, based on risk-informed approach

注連本 英典; 柴田 雅博; 前川 恵輔; 川村 淳*

Shimemoto, Hidenori; Shibata, Masahiro; Maekawa, Keisuke; Kawamura, Makoto*

地層処分の対象となる高レベル放射性廃棄物は、その半減期から、数十$$sim$$数百万年オーダーの長時間帯に及ぶことが予測される。本研究では、地層処分システムの性能にさまざまな頻度や形態で影響を与える可能性のある天然現象影響評価について研究を行っている。天然現象による顕著な影響は、科学的見地と適切なサイト選定により、回避できるものと考えられているが、プレートシステムの転換等に伴うことも考慮し、念のために評価しておくことが必要と考えられる。以上の背景を踏まえたうえで、我が国で起こりうる天然現象について重大な見落としのないよう、FEPの相関とシステムの安全機能の関係から評価すべきシナリオを構築し、さらに構築したシナリオを「余裕深度処分の管理期間終了以後における安全評価に関する考え方(原子力安全委員会、2010)」を参考として、リスク論的考え方に基づく区分について検討し、区分を行ううえでの課題を抽出した。本報告では、火山・熱水活動を例題として検討結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.