検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

セシウム高除染用吸着剤の物性及び吸着特性

Characterization and adsorption properties of selective adsorbents for high decontamination of cesium

三村 均*; 山岸 功

Mimura, Hitoshi*; Yamagishi, Isao

東日本大震災により発生した福島第一原子力発電所事故においては、海水等冷却材の原子炉注入により、原子炉及びタービン建屋内の地下の溜まり水や、敷地内のトレンチなどに放射性物質を多く含んだ数万トン規模の高レベル汚染水が発生し、作業障害や環境汚染を起こしており、今後20万トン以上になると予想されている。2011年12月の時点で、循環注水冷却システムにより冷温停止が達成されているが、固体廃棄物(ゼオライト,不溶性フェロシアン化物スラッジ,結晶性シリコチタネート(CST))の処理及び処分は未定である。特に、汚染水中のセシウムの高除染用吸着剤として使用されている不溶性フェロシアン化物及び結晶性シリコチタネート(CST)の処理・処分に関しては、過去にもほとんど実績がないことから、今後の重要な課題となっている。本稿では、循環注水冷却システムの構成と進捗状況、及びセシウムの高除染用吸着剤としての不溶性フェロシアン化物及びCSTの物性及びCsに対する選択的な吸着特性について紹介し、これら固体廃棄物の処理・処分及び今後の課題について述べる。

Large amounts of seawater contaminated with radioactive cesium accumulated in the nuclear accident of Fukushima NPP1. As of December, 2011, the circulating injection cooling system is effectively operated and the cold shutdown is completed, while the amounts of high-activity-level water are estimated to be over 200,000 m$$^{3}$$ in future. However, at present, the treatment and disposal methods for the solid wastes (zeolites, insoluble ferrocyanides and crystalline silicotitanate) are not yet decided. In particular, there is no experience in the treatment and disposal of high decontamination solid materials such as insoluble ferrocyanides and crystalline silicotitanate. Hence the development of effective treatment and disposal methods are very urgent and important subjects. This special issue deals with the characterization and adsorption properties of selective adsorbents for high decontamination of cesium and the subjects for the treatment and disposal of solid wastes.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.